amazonギフト券買取は法的に問題ないのか

amazonギフト券買取と聞いて、クレジットカードの現金化のように法的に問題があるのではないかと思う方もいるかもしれません。amazonギフト券の本来の使用目的はamazonでの商品購入ですから、それを使用せずに売るのはどうなの?というのももっともです。確かに最初から転売目的でamazonギフト券を買って、それをそのまま買取業者に買取してもらうのはあまりおすすめできることではありません。しかし、使う当てのないまま余っているamazonギフト券を売ることには何の問題もないのです。

電子マネーやギフト券の買取は古物営業法で規定されており、誰でも売買ができるわけではありませんが、Eメールタイプのamazonギフト券は実体がない仮想通貨ですから、どんな使い方をしても特に問題はありません。なお、amazonギフト券買取業者の多くは古物営業法の許可を得て買取を行っていますから、そもそもその点に関する心配もないのです。ただ、なかには古物営業法の許可を取らず、詐欺まがいの換金率で買取を行う業者もいるようなので、売却先の選択は慎重になる必要があります。ですから、amazonギフト券を売る際は、サイトに古物営業法の許可番号が記載されている業者のみを選ぶようにしましょう。

コメントを残す