最近ネットでみるamazonギフト券買取の専門業者って何ですか?

まずはamazonギフト券はご存知でしょうか。

知らない方は、amazon.co.jpへ行って調べてみてください。

amazonギフト券の種類はとても多いです。デジタルタイプからカードタイプと様々な商品がありますが、やっと全ての有効期限が10年と統一されました。

それまでは商品によって1年だったり、3年だったりとそれぞれに定められていたので把握している利用者も少なかったのではないでしょうか。

その為、期限が切れてしまうことがとても多くそういった口コミ情報も公式サイトのいたるところで確認できます。

もちろん有効期限が切れてしまったらただの紙切れとなってしまうので、利用されるようになったのがamazonギフト券の買取業者です。

インターネットなどでamazonギフト券買取と検索をしてみると何百件と業者がヒットしてきます。

もちろん全ての店舗を確認することは難しいのでランダムに選んだ店舗を調べた情報とはなってしまいますが、簡単に言うとamazonで利用できるギフト券を直接、個人や法人から買い取っています。

買取るというわけですから持ち寄られたギフト券を引取ってくれているわけです。

もちろんただで引取る訳ではなく業者が定める換金レートで買取ってくれています。

多くの業者が3万円からの引き取りとなっているようですが、たまに1万円からでも可能という業者も見かけますが換金率が低くなる傾向にあります。

換金率はおおよそ75%~90%といったところですが、10万円程度までは85%が上限と考えておいたほうがよいでしょう。

記載されている情報では90%以上とはなっておりますが小額では85%を超えることは手数料などを差し引いてもないと思われます。

ですから利用する際は業者に確認したほうが良いと思います。

調べただけでも店舗によって5%以上は差が出ることがありましたし、業界自体でも換金率の規制や法律があるわけではないので業者のさじ加減という感じです。

また、驚いたのがギフト券の種類などによってamzonギフト券買取の換金率が変わることがあるということです。

実際の価値自体は変わる事はありませんが業者側の買取に対するリスクの為、必要とされることもあるようです。

あとは最終的な換金率や必要経費などの手数料を教えてくれないような悪質な業者が結構いたのにも驚きました。

2割程度だとは思いますがそういった業者が運営している買取店舗も存在することも確認できました。

一見するとわかりません。

ただ、メールや電話などで問い合わせをしていくと何回かでキレ気味になります。

「ネットに書いてある通り」とか「それは申込んでから教えます」とか一般的な企業では考えられない対応としかいえません。

そういった業者に申込まないように気をつけて頂きたいものです。

できることなら利用しないことが一番のリスク回避といえるでしょう。

amazonギフト券買取が通常の金券と異なる点は?

amazonギフト券は、大手通販サイトのamazonで利用できる専用のギフト券です。自分自身で利用することはもちろん、誰かにプレゼントするケースもあります。

 

ネット上では非常にポピュラーな金券とも言えますが、一般的な商品券などとは異なる点があることに注意が必要です。

 

まずamazonギフト券は、amazon以外での利用ができない点に注意しておきましょう。

通常の商品券は、加盟店舗や提携店舗での利用が可能になっていますが、amazonギフト券はamazon専用です。

このため、ネット以外での需要が無く、amazonギフト券買取を行っていない金券ショップもあるので気を付けましょう。買取に対応している金券ショップでも、カードタイプ以外は買い取ってくれない場合があります。

 

また、様々な種類がある点にも気を付けなくてはいけません。amazonギフト券はカードタイプ、メールタイプ、シートタイプのように、購入方法によって複数の種類があります。

前述の通り、種類によっては買取不可能な店舗もありますので、通常の金券と同様の感覚で売却できない点に注意しましょう。

amazonギフト券を売る場合、種類によって利用する店舗や業者を使い分ける必要があります。

amazonギフト券はバーチャルな電子マネー

amazonで手軽にショッピングしたい時に役立つのがamazonギフト券です。amazonギフト券を使えばクレジットカードを使用する必要がありませんし、銀行やコンビニに支払いに行く手間も省けます。

amazonギフト券はバーチャルな電子マネー

amazonギフト券は電子マネーですが、ようするに商品券と同じ金券類です。amazonはご存知のように、オンラインショッピングサイトの中で最大級。あらゆる商品が販売されています。amazonギフト券の良いところは、図書カードやビール券のように使い道が限定されるわけではなく、amazonで販売されているものをなんでも購入できる点にあります。一般的な商品券は紙に印刷されていてお金のように使いますが、amazonギフト券は、電子マネーなので、ギフト券コードを入力して使います。

不要になったamazonギフト券を現金化する

不要になったamazonギフト券は金券ですから、金券ショップで買取してもらうことができます。ですが、事前に注意してほしいのは、amazonギフト券のタイプによっては金券ショップで買取してもらえないということです。大抵の場合、金券ショップで取り扱いをしてくれるのはカードタイプのギフト券です。ですが、割と高めに換金率が設定されていますし、代金はその場で受け取ることができるというメリットがあります。

格安でamazonギフト券を手に入れるには?

amazonギフト券を格安で購入できる方法があります。額面以下で、できるだけ安く買いましょう。

オークションサイトで購入する

ヤフオクや楽天オークション、モバオクなどを利用している人は多いですが、amazonギフト券を出品する人もいるので、ネットオークションに出品されているギフト券を購入すれば通常購入するよりも安い価格で手に入れることができます。大抵、価格は定価の95%以上ですが、有効期限が迫っていたり、amazonで買いたいものが見つからない、あるいはオンラインショッピングをしない、という人が売り急ぐ場合もあるので、うまくそのような人を見つけることができれば、格安で落札できる可能性があります。

デイリーPlusやamazonギフト券専用取引サイトを利用する

Yahoo!が運営しているデイリーPlusというチケット販売サービスに登録しているのでしたら、amazonギフト券は定価の2%オフで販売しています。ネットオークションを利用するのに抵抗がある方は、デイリーPlusを利用してみると良いでしょう。ですが、月額540円かかる有料サービスです。また、amatenやギフトダイレクトなどのamazonギフト券専用取引サイトを利用すると、定価よりもおよそ3~6%安く購入できます。

法律で規制されていないからできるのか!?

amazonギフト券は商品券やギフト券のように使用できますが、金券ショップでは取り扱いのないところも多いです。

というのも、amazonギフト券は古物とみなされないという理由があります。

 

古物営業法は1949年に制定された法律であり、盗品の売買などの犯罪抑止のために作られました。

金券類もその対象ですが、amazonギフト券のような電子マネーに類するものは当時存在していなかったので、この法律ではその売買を規制できないのです。

 

したがって、金券ショップでは買取を行っていないところが多いのです。

 

amazonギフト券は、一般の商品券のようなカードタイプであっても、その物自体に価値があるわけではありません。

カードは単なる台紙であり、ギフト券としての価値はそこに記載されるギフト券番号にあります。

つまり、カードタイプであれデジタルタイプであれ、その形態に特に意味はなく、ギフト券番号こそがその価値を表しているのです。ギフト券番号は単なる数字の羅列なので、それを「古物」として規制することはできません。

 

ただ、電子マネーが急速に普及している現在、それを規制する法律も次第に整備されつつあります。

 

amazonギフト券の売買に関しても、遠からずそれを規制する法律が生まれることが予想されます。