ギフト券やitunesカードを買い取ってくれるのは?

amazonギフト券は世界最大のショッピングサイトamazonで利用できる便利なギフト券。ですが、「プレゼントにもらったけどオンラインショッピングはしない」「今のところ欲しいものがない」そんな場合には、amazonギフト券を買取してもらい現金に変えましょう。

amazonギフト券専門買取業者

プレゼントされたり、ポイント交換で手に入れたamazonギフト券の使い道に困っていませんか?あまりオンラインショッピングをしない人にとっては、amazonギフト券よりも現金を手に入れたほうが便利だと思うかもしれません。そこで、amazonギフト券買取サービスを利用してみましょう。amazonギフト券買取ショップの「買取本舗」では、amazonギフト券以外にも、 iTunesカードも買取してくれます。

街の金券ショップ

買取業者を使うのは抵抗がある、という方は金券ショップを利用しましょう。カードタイプのamazonギフト券なら、金券ショップで買取をしてもらえます。金券ショップには、amazonギフト券、iTunesカード、楽天ポイントギフトカードなどを買取してくれる店舗があります。金券ショップで売却する場合は、できるだけ高値で買い取ってくれる金券ショップを探すようにしましょう。

異様に高い買取率のサイトには注意

amazonギフト券の買取で誰もが注目するのが買取率ですが、異様に高い買取率を示す業者には注意が必要です。

amazonギフト券の買取業者のなかには、クレジットカード現金化から流れてきた業者がいますが、そのなかには他と差別化を図るため95%以上などの異様に高い買取率で集客を試みています。

 

しかし、実際に利用すると、相場が下落したとか、手数料や保証金が必要などと言われ、実質的に70~80%の買取率にしかならないというケースが多数報告されています。

 

amazonギフト券の買取は、クレジットカードと違い、決済手数料や消費税などを必要としないため、クレジットカード現金化よりも高い換金率になりやすいです。

だからといって、95%というような買取率はあり得ない数字です。

たとえば1万円分のamazonギフト券を95%の買取率で買い取った場合、その利益は500円にしかなりません。

1万円の取引でわずか500円しか利益が出ないような割に合わない商売を行う業者など、現実的に考えれば存在しないことがわかります。

ですから、そのような異様に高い買取率を示す業者があったとしても、実際にそんなに高額では買い取ってくれないということを知っておきましょう。

 

業者の利益を考えるとマックスで90%程度と思っておいた方が無難です。

現金に換える3つの方法

amazonギフト券は、商品券や図書券と同じように金券として通用するので、買い取ってもらって現金にすることが可能です。

amazonギフト券を売る方法はいろいろありますが、カードタイプのギフト券であれば、金券ショップでの買取が簡単です。

換金レートはショップによって異なりますが、おおよそ定価の8割程度の値段で買い取られることが多いです。

ショップによっても特色があるので、いきなり持ち込むより、事前にどこなら高く買い取ってくれそうかを調べてから売りに行くようにするとよいでしょう。

 

ただし、金券ショップでは、Eメールなどのデジタルタイプでは買取できないので、この方法はカードタイプに限ります。

金券ショップ以外では、オークションでも売ることは可能です。多少の時間と労力はかかりますが、落札されないということはまずありません。Eメールタイプのギフト券でも落札される可能性があります。

 

いちばんお手軽なのは、amazonギフト券の番号を買取してくれる業者のサイトで売ることです。

 

金券ショップやオークションよりも高額になる可能性が高く、オンライン上で必要事項を記入するだけなので手間もかかりません。換金レートや振込までのスピードは業者によって異なるので、いくつかを比較して利用することをおすすめします。