amazonギフト券買取は法的に問題ないのか

amazonギフト券買取と聞いて、クレジットカードの現金化のように法的に問題があるのではないかと思う方もいるかもしれません。amazonギフト券の本来の使用目的はamazonでの商品購入ですから、それを使用せずに売るのはどうなの?というのももっともです。確かに最初から転売目的でamazonギフト券を買って、それをそのまま買取業者に買取してもらうのはあまりおすすめできることではありません。しかし、使う当てのないまま余っているamazonギフト券を売ることには何の問題もないのです。

電子マネーやギフト券の買取は古物営業法で規定されており、誰でも売買ができるわけではありませんが、Eメールタイプのamazonギフト券は実体がない仮想通貨ですから、どんな使い方をしても特に問題はありません。なお、amazonギフト券買取業者の多くは古物営業法の許可を得て買取を行っていますから、そもそもその点に関する心配もないのです。ただ、なかには古物営業法の許可を取らず、詐欺まがいの換金率で買取を行う業者もいるようなので、売却先の選択は慎重になる必要があります。ですから、amazonギフト券を売る際は、サイトに古物営業法の許可番号が記載されている業者のみを選ぶようにしましょう。

ギフト券やitunesカードを買い取ってくれるのは?

amazonギフト券は世界最大のショッピングサイトamazonで利用できる便利なギフト券。ですが、「プレゼントにもらったけどオンラインショッピングはしない」「今のところ欲しいものがない」そんな場合には、amazonギフト券を買取してもらい現金に変えましょう。

amazonギフト券専門買取業者

プレゼントされたり、ポイント交換で手に入れたamazonギフト券の使い道に困っていませんか?あまりオンラインショッピングをしない人にとっては、amazonギフト券よりも現金を手に入れたほうが便利だと思うかもしれません。そこで、amazonギフト券買取サービスを利用してみましょう。amazonギフト券買取ショップの「買取本舗」では、amazonギフト券以外にも、 iTunesカードも買取してくれます。

街の金券ショップ

買取業者を使うのは抵抗がある、という方は金券ショップを利用しましょう。カードタイプのamazonギフト券なら、金券ショップで買取をしてもらえます。金券ショップには、amazonギフト券、iTunesカード、楽天ポイントギフトカードなどを買取してくれる店舗があります。金券ショップで売却する場合は、できるだけ高値で買い取ってくれる金券ショップを探すようにしましょう。

高く買い取ってもらうためのテクニック

amazonギフト券は買取サイトで現金化できますが、買取業者の違いだけでなく、ギフト券の種類によっても買取価格に違いが出ることがあります。

せっかく信頼できる買取業者を見つけても、最高価格で買い取ってもらえないともったいないですから、高く売れやすいギフト券の種類を知っておきましょう。

 

amazonギフト券には、コンビニで買えるようなカードタイプとシートタイプ、ネットで購入できるデジタルタイプがあります。

カードタイプや印刷して使えるシートタイプは、現物が手元にあるので商品券と同じ感覚で使えますが、最も流通量が多いのは、デジタルタイプのなかのEメールタイプです。

Eメールタイプは、ギフト券番号の記載されたメールのことで、その番号を自分のamazonアカウントに登録することによって、使用可能な状態になります。

ギフト券番号さえあれば金券として使えるので、住所はわからないがメールアドレスはわかるというような人へのプレゼントにも使える便利なタイプです。

 

その便利さは買取の際にも発揮されます。取り扱いが便利なことから、他のタイプより1~2%高い換金率で買い取る業者が多いのです。

ですから、amazonギフト券を買う時は、全部使い切れずに残った時のことを考えてEメールタイプを選んでおきましょう。

 

これが高額買取のためのちょっとしたテクニックです。

買取における良い業者の条件

amazonギフト券の買取サイトを利用する前に、良い業者の見分け方を知っておきましょう。

 

店舗でのやり取りでは簡単に見抜けることでも、すべてのやり取りがインターネットで完結するamazonギフト券の買取には注意が必要です。

 

まず、サイトの作りがしっかりしていることが挙げられます。

買取の手続きが詳細に説明されていること、所在地や電話番号などの企業情報がちゃんと記載されていることをチェックしましょう。

 

何か疑問や不明点があった時に、問い合わせができるということが大切です。

 

その点、電話番号の記載がないようなサイトは問題外ですので、そういうところは避けてください。

実際に電話してみて、オペレーターの対応をチェックするのも良い方法です。

 

こうやって見抜いた業者のなかで、さらにより良い業者を絞り込むには、もっと詳細な点もチェックしてみましょう。

サイトの更新頻度がマメであることも大切で、いつまでも以前の情報を載せているようなサイトでは、良いサービスは期待できません。

 

キャンペーンを展開する業者なら、その内容がサイトでリアルタイムに反映されていることは必須でしょう。

 

初めて利用する人がすぐに理解できるような、ユーザーに優しい作りのサイトであることが良い業者の条件です。

ギフト券買取の悪徳業者にだまされないために

インターネット上にはamazonギフト券の買取サイトが数多くあります。おそらく数百はあると思われる買取サイトのなかには、残念ながら悪徳業者も存在します。amazonギフト券の買取サイトがいつ登場したのかは不明ですが、2014年ごろからこうしたサイトを見かけるようになりました。以前からやっているサイトであれば信用性は高いと思われますが、最近できたばかりのサイトには注意が必要です。

amazonギフト券の買取では、その換金レートは最高で90%前後と思った方がよいです。それなのに、最近できたばかりのサイトのなかには、95%以上のレートで宣伝しているところがあります。しかし、実際に利用してみると、手数料や保証金が必要だなどと言われて、実際に振り込まれる金額は、せいぜい70~80%のレートというケースが多数報告されています。

悪徳業者に騙されないためには、まず、上記のような異常に高い換金率のところは避けることです。それから、サイトの作りも見てください。素人でも作れるようなお粗末なデザインのサイトでは、信用しようにも信用できません。あとは連絡先の電話番号がきちんと記載されているという点も大切です。悪徳業者を見分けるのはそれほど難しいことではないですが、それでも怪しいと思われることがあった時には、すぐに警察や消費者センターに相談しましょう。